【イベントレポート】起業体験ワークショップ

2月19日(日)、小学4年生から中学1年生を対象とした「起業体験ワークショップ」を開催いたしました!
講師としてお招きしたのは株式会社セルフウィング代表の平井由紀子さん。17年間も起業家教育に携わるベテランの女性起業家です。

INTILAQに集まった総勢23名の活気ある子どもたちが起業家マインドを学ぶべく、会社経営をバーチャル体験しました。5人一組でチームとなり、一人ひとりが役割と責任をもって会社経営を進めていきます。

9:00、INTILAQセンター長佐々木の挨拶に始まり、講師の平井さんによるワークショップがスタート。

最初に行われたのが自己紹介・アイスブレイクです。本当に初対面なのか、と驚くほどあっという間にメンバー同士の仲が深まります。さすが小中学生、若い感性は柔軟です!
自己紹介では、一人ひとりが皆の前で発表し、「人前で話す」ことを緊張しながらも子どもたち全員が挑戦しました。

次は会社づくりです。チームには社長・販売マネージャー・宣伝マネージャー・仕入れマネージャー・会計マネージャー・製造マネージャーの6つの役職が与えられ、兼任も含めそれぞれに分担していきます。また、会社づくりにとって大事な社名はメンバーの頭文字をとったり商品から考えたりといろいろな工夫もされていました。

10:00、商品企画・事業計画作成の時間です。今回は「仙台らしいお土産」というテーマで各会社が商品を考えました。お客様(保護者の皆様、見学に来られたゲストの皆様)に調査したり、意見を出し合ったりして企画を進めていきました。

そしてランチが終われば、一番の難関どころ、銀行での資金調達。

銀行員役は実際に金融機関で働かれている方々ですので、まさにリアル!一生懸命書いた事業計画書を出しに行くも融資を認められず、仕事や社会の厳しさを受け止めなければならない一コマも。時間内に融資が受けられなければ、材料を仕入れることも商品を作ることもできません。会場は緊張の雰囲気に包まれました。

それでも、「自信はあります!」と諦めず自分たちの計画を伝えます。子どもたちの真剣な眼差しと自信のある姿勢は、とても印象的でした。最後は、すべての会社が銀行と信頼関係を結ぶことができ、無事融資を受けることができました。

仕入れの場面では問屋さんに値引きを交渉している会社もありました。資金調達が終われば、仕入れた材料で商品を製造していく作業となります。学校での工作の授業と似ていたのか、チームごとに楽しみながら製造していました。また、作った商品を宣伝するためのポスターも、宣伝マネージャーを筆頭に作成していきます。

 

16:00、いよいよ広告・販売です。

各社、作った商品の広告を1分間行い、お客様に宣伝します。広告費もしっかりと支払わなければなりません。販売がうまく行かなければ、会社は借り入れしたお金を銀行に返済することができず倒産してしまいます。各社、商品をより多く買ってもらうため、値引きをしたりバラ売りをしたりと様々な工夫もしていました。どの会社も「いらっしゃいませ~!」と大きな声で販売を行い、他の会社には負けないぞと言わんばかりの盛り上がりでした。最終的に、売れ残りが出た会社はなく、すべて売り切ることができました。

 

イベントスケジュールのラストは、振り返りです。

会社を経営し、存続していく上で振り返りをすることは最も重要なことです。「なぜ予想売上と差が生じたのか」、「なぜ途中で値上げをしたのか」、「なぜお客さんにはまだお金が残っていたのか」などこの日に起こった疑問点を平井さんが各社に問いただし、反省・振り返りを行いました。

朝の9時から夕方6時まで、盛りだくさんの内容でしたが疲れた顔を見せること無く夢中で取り組んでいた子どもたちのひたむきな表情が印象的でした。さらに自分自身が努力した結果が、自分の利益につながるという社会の仕組みを楽しみながら身をもって体験できたようでした。小学生・中学生という若い年齢から起業家マインドを学んだ子どもたちが将来の東北、日本を代表する起業家になってくれることを願っています。

INTILAQにお越しいただきました、参加者の皆様、保護者の皆様、講師の平井さん、主催の仙台市様、ご協力いただいた七十七銀行の皆様、日本政策金融公庫の皆様、誠にありがとうございました。参加者だけでなく運営側にとっても学びの多い、素晴らしいワークショップとなりました。また、本イベントにご後援いただきました仙台市教育委員会様にもこの場をお借りして御礼させていただきます。

 

そして、来る2017年3月26日(日)にもまた「起業体験ワークショップ」が開催されます!次回は中学2年生から高校2年生向けとなりますので、興味のある学生の皆様、対象のお子様がいらっしゃる保護者の皆様からのお申し込みをぜひともお待ちしています!

お申し込みはこちら:http://intilaq.jp/event/2017_0326/

 

© 2017 INTILAQ