イベントレポート【デザイン思考を活用したVisionを膨らませるワークショップ】

8月19日(日)、INTILAQにて、<デザイン思考を活用したVisionを膨らませるワークショップ>を実施致しました。

それぞれ新たな事業を始めていたり、組織で働きながら、自分の芯となる部分を探ろうと参加されていたり、様々な背景を持つ方々が参加してくださいました。

ーなぜやるのか、がすべての原点ー

このワークショップでは、

WHY なぜやるのか

にフォーカスして、

・集中的に考え、

・第三者に伝え、

・フィードバックをもらい、

・再度自ら考える、

というサイクルを回していきます。

 

ー原体験(WHY)を掘り下げるー

まずはそれぞれが個人でご自身の原体験を振り返ります。

自分は何にときめくのか、感動するのか

何が最も辛かったか

理不尽に思ったことは何か

 

ー課題の明確化ー

自分が課題だと感じていることを書き出します。

それが自分の原体験と繋がっている場合もありますし、全く繋がりが見えない場合もありますが、思うがままに書き出していきます。

 

ーアウトプット→フィードバックー

自分が書き出した内容をアウトプットし、ペアワークで相手の参加者にフィードバックしてもらう、ペアワークを実施します。

 

 

とてもエネルギーに満ち溢れた参加者の皆様でした。

ご自身がやりたいこと、すでに始めていること、なぜそれをやっているのか、

などを温度感高くのペア方に伝えていました。

 

皆様、第三者に伝えることで、自分では気づかなかった事業の課題が見えたり、

自分に自信が持てたりと、それぞれに気づきを得た様子でした。

 

このワークショップは、繰り返し実施して初めて自分自身の芯を知ることができるもので、

その方法を、実践を交えながら学べる場です!

何度か実施し、振り返ってみた時に、「ブレずに見えてくること」や、

「共通項」を見つけられると、それがその方の芯なのではないかと思います。

これは、事業を始める前の方も、始めて何年も経つ方にも、老若男女問わずとても学びになるワークショップです。

 

次回は9月1日の開催です!是非ご参加ください!

<デザイン思考を活用したVisionを膨らませるワークショップ>

→詳細(お申込み)はこちらから

© 2017 INTILAQ