【イベントレポート】仙台青葉学院短期大学INTILAQ体験学習プログラム

仙台青葉学院短期大学のビジネスキャリア学科から、大学1、2年生の学生さんたちがINTILAQに来てくれました。イノベーションセンターの紹介から、センター長佐々木のレクチャー、デジタルファブリケーション機材を使用したワークショップまで、その内容を簡単にレポートさせていただきます。

 

 

もともと、上記の写真に写っている青葉学院短期大学のドミニク・ジョーンズ先生が以前INTILAQにご来館された時に「この施設でぜひうちの学生たちにも体験して学びを得てほしい」と言っていただけたことがきっかけで今回の機会につながりました。今回見学に来られた学生さんたちは、ビジネスキャリア学科を専攻しているということで、INTILAQスタッフも気合が入ります。簡単な施設の説明の後、3グループに分かれての施設見学ツアーが始まりました。

 

「飲食関係で起業される方、挑戦される方を応援したい」とセンター長の佐々木。

 

コワーキングスペースはみなさん気に入っていただけたようで「カッコイイ〜」「おしゃれ」という言葉がちらほら聞こえてきました。

 

 

時に学生さんの将来の夢も聞きながら、施設見学が進んでいきました。

さて、見学の次はセンター長による、アントレプレナーシップ講義です。

 

 

スティーブジョブズのスタンフォード大学でのスピーチも引用しながら、INTILAQの実現したい未来について、熱く説明させていただきました。

センター長の話を聴く、学生さんたちの真剣な顔が印象的でした。そして最後はスタッフ三浦による、デジタルファブリケーション講座&ワークショップです。

 

初めてでもわかるように丁寧に、3Dプリンターなどのデジタルファブリケーション機材の使い方や実例について説明していきます。簡単な講義の後は、実際に機械を動かしてみます。

 

 

まずはレーザーカッターで材料を切り出し、加工して、

 

 

UVプリンターでプリントしていきます。

 

 

こちらが完成したINTILAQキーホルダー。

一人1づつ出来上がったので、大事に使ってもらえると嬉しいですね。

 

合計2時間半程度の見学&レクチャー&ワークショップでしたが、あっという間に感じました。来てくれた学生さんたちが何か少しでも学べたものがあれば嬉しいです。そしていつの日か、今度は起業家見習いとして、またこのINTILAQ東北イノベーションセンターで仙台青葉学院短期大学のみなさんとお会いできることをスタッフ一同非常に楽しみにしています!

本日はありがとうございました。

 

ライター:INTILAQ 勝水

 


 

起業家の方・これから新しいことを始めたい方に新しい視点をお届けする「INTILAQハウスレクチャーシリーズ」をはじめ、INTILAQでは各種講演会・講座・セミナー・プレゼンテーション・ワークショップ等様々なイベントを開催しております。

INTILAQイベントページ

また、イベント最新情報をINTILAQメールマガジンにて配信中です。
ご登録はメールマガジン登録フォームより、お名前とメールアドレスを入力いただくだけでOK!
登録無料ですので、是非お気軽にお試しください!

© 2017 INTILAQ