INTILAQ施設紹介 キッチン利用vol.2 ~”旬だね。アスパラガス”編~

もうすぐ、梅雨の季節ですね。だんだんと傘を持つ頻度が多くなったような気がします。
みなさん、こんにちは!インターン生の赤松です。

作ることより食べることが専門の私ですが、前回の佐々木くんに引き続きINTILAQのキッチンを利用した企画を担当をすることになりました!
普段、料理の盛り付けなど気にしない大雑把な私が担当していいのでしょうか。

しかし、やるからには東北の食材と生産者さんのこともお伝えしていきたい!
みなさんの食卓を開拓することをモットーに始めていきたいと思います。

*一次産業への思いは私の自己紹介記事に詳しく書いています。

今回の食材は「アスパラガス」です。

写真からは伝わりにくいですが、大きくてすごく立派です。

このアスパラガスは福島県喜多方市でつくられています。
生産者さんは江川正道さん
面識はあまりありませんが、江川さんがつくるアスパラガスはおいしいと評判で、どーしても食べたかったのです。

春と夏秋の年に2回収獲しているそうで、とくに春獲りのアスパラはみずみずしく、歯ごたえバツグンです。

このみずみずしさ伝わりますかねー。

パッケージもおしゃれです!

さて、生でも食べれるほどやわらかく、甘みの強いアスパラを使って今回は
アスパラとベーコンのクリームパスタ
をつくっていきます!

INTILAQのキッチンは業務用の厨房設備が整っています。
食洗器は私のアルバイト先のものとまったく同じだったので、驚きました。そのほかにも業務用のオーブン、電子レンジ、冷蔵庫、IH、さらには調理器具や食器などひと通りのものはすべてそろっています。

これだけ設備が良いとなんだか料理研究家になったような気持ちになりますね。

フライパンだけでも4種類あり、どれを使おうか迷います。

材料です。
【アスパラ、ベーコン、にんにく、パスタ、牛乳、小麦粉、コンソメ】


にんにくとベーコンはじっくり炒めます。

小麦粉、牛乳、コンソメを加えてソースをつくります。

底の深い鍋もあるので、パスタもしっかり茹でられます。

このIHは家庭の2倍の火力があるので、調節は注意が必要!

茹でたパスタとアスパラをソースにからめます。
一気に色鮮やかになりますね。

できあがりがこちら。

パスタを多めに入れてしまったら、クリーム感がなくなってしまいました。

しかし、見た目は上出来です。

江川さんおすすめの食べ方。
ゆでたアスパラに塩とオリーブオイルをかけたものもつくってみました。

同じインターン生の前田くん、高橋くんとスタッフの三浦さんに食べていただきました。

食生活がみだれがちな学生に旬の野菜を食べてもらうこと、さらに生産者さんを知ってもらうことは、すごく大切なことだと考えています。
だから、嬉しさのあまり、にやにやしながら、写真を撮ってしまいました。

江川さんのアスパラについては、こちらから。

みなさんも旬のアスパラ食べたくなりましたか?
今後も東北の食材と生産者さんをお伝えしていく予定ですので、もっと知りたい!と思っていただければ、幸いです。

 

次回は佐々木くんが担当します!お楽しみに~!

© 2017 INTILAQ