EVENT

イベント

EVENT

イベント

締切

2021.04.12

【追加募集】CR-SIS(クリエイティブ・レスポンス – ソーシャル・イノベーション・スクール)仙台校 受講生募集のお知らせ

CR-SIS(クリエイティブ・レスポンス – ソーシャル・イノベーション・スクール)仙台校 受講生募集のお知らせ

4/10 追記

仙台校 5名限定 受講生追加募集<4/26(月)まで>のお知らせ

「ソーシャル・イノベーション・スクール」の受講生募集は一旦申込受付を締め切りましたが、主催者のご厚意により、5名限定で追加募集を行なうことになりました。申込締切は4月26日(月)となります。

また、この度の追加募集にあたりソーシャル・イノベーション・スクール学長の米倉誠一郎先生より、仙台校に向けて下記のメッセージをいただきました。

——————————————

”仙台でイノベーションを起こしたいと思っているみなさんへ”

仙台のみなさんに対する世界からの期待は想像以上に大きいのです。あの未曾有の大震災を越えて、「ええっ、日本はそう来るんだ」と思わせてくれること期待しているのです。残念ながら、この10年間の対応は「ええっというようなもの」が中心だったとは決していえません。もちろん、いくつかの萌芽があったことは否定しません。しかし、日本の実力はこんなものではないのです。創造的で想像的な対応をいまこそ発信しなければならないのです。複雑な社会課題を新しい方法で解決する「ソーシャル・イノベーション」の基礎と実践を一緒に学びませんか!

ソーシャル・イノベーション・スクール
学長 米倉誠一郎
——————————————

下記内容をご確認いただき、皆様からのご応募をお待ちしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一般社団法人CREATIVE RESPONSE(代表 米倉誠一郎氏)主催による「ソーシャル・イノベーション・スクールがいよいよ2021年5月より開講となります。

第三期となる今回は、東京・広島に加え、青森とここ仙台でも開講されることになり、INTILAQ東北イノベーションセンターは共催という形で仙台校の運営に関わらせていただくことになりました。(仙台校はその他、仙台市、仙台経済同友会も後援としてご協力いただいております。)

仙台校の講座はINTILAQ東北イノベーションセンターでの開催となりますが、仙台校の講座に加え全国で開催される他地域の講座もすべてオンラインでも視聴可能となります。
ご自宅でもご視聴いただけますが、受講生同士の交流も鑑み、仙台校(INTILAQ東北イノベーションセンター)に集合して視聴する形態も予定しております。
また、当日参加が難しい場合は、開催後1週間以内であればyoutubeでの受講も可能です。

尚、詳細は下記URLをご参照ください。
https://web.cr-sis.com/entry_spring2021/

 

米倉 誠一郎 氏
法政大学大学院教授・一橋大学名誉教授
一般社団法人Creative Response Social Innovation School学長

一橋大学社会学部(1977)・経済学部卒(1979)、同大大学院社会学修士(1981)、ハーバード大学博士(PhD、1990)。専攻は、イノベーションを中心とした企業の戦略や組織の歴史的研究。近年は、BOPとソーシャル・ビジネスや社会企業家の役割にも高い関心を払い、2020年1月にソーシャル・イノベーションと SDGsに特化した社会人学校を立ち上げている。
1982年一橋大学商学部産業経営研究所助手、専任講師、助教授を経て、1997年より一橋大学イノベーション研究センター教授、1999−2001年、2008−2012年とセンター長を2期務める。また南アフリカ・プレトリア大学日本研究センター所長(2012年-2015年)の兼任。現在も、季刊誌『一橋ビジネスレビュー』編集委員長である。
著書には、『Japanese Iron And Steel Industry, 1880-1990』、『戦後日本経済と経済同友会』(共著、岩波書店)、『創発的破壊:未来をつくるイノベーション』(ミシマ社)、『イノベーターたちの日本史~近代日本の創造的対応』(東洋経済新報社) 、『松下幸之助:きみならできる、必ずできる』(ミネルヴァ書房)など。

 

開催日 2021年04月12日(月)

申し込み締め切り

03月31日(水)