heartily

【社名】
heartily(ハーティリー)

【代表者名】
かとう純子さん・かさい笑みさん

【事業内容】
リラクゼーション

【事業PR】
癒し・リラクゼーションを与える「マッサージ」、脳の思考をクリアにする「アクセスバーズ」※を用いて、人々の心と体の健康をサポートしていきます。特に「アクセスバーズ」では普段、脳をフル稼働させている男性・女性共に受けていただきたいと願っています。

<interviewee>かとう純子さん・かさい笑みさん

―お二人で活動されていますが、きっかけは何だったのでしょう
4年前、偶然同じ講座を受講した際に高校時代の先輩後輩だと分かり、会ったその日から意気投合。そこからお互い様々な勉強を重ねるのですが、歩んでいく道が似ているためか頻繁に会うことがあり、施術について教え合ったりしていたとのこと。そんなある日、かとう様がカタールルームを見つけて予約をし、そこにかさい様が「私もやりたい」と申し出て、「一緒にやろう」となったそうです。
かとうさんいわく「INTILAQに会員として申し込むことで、事業化する決心がついたんです。」

-お二人とも普段はお仕事をされていると聞きましたが、両立は大変では?
普段、かとうさんは会社員、かさいさんは母子支援施設で支援員をしていらっしゃいます。
仕事の休みの日に施術を行うのですが、それが休みの過ごし方で一番楽しいと仰るお二方。
お客様に喜んでもらえることで自分も嬉しく、今がとても生き生きしていると思える反面、「集客の難しさ」を実感しているとのこと。
かとう様「やりたい気持ちだけではじめてしまったので今は副業のような形ですが、いずれは独立できるよう様々なことを勉強しながら、1年後には事業がある程度育ってくれているようになりたいと考えています。」

-INTILAQを選んだ理由は?
「カタールルームが好きで。INTILAQが醸し出すあたたかな雰囲気や、明るさ、開放的なところが素敵で、ここで施術をやりたい!と思ったからです。」

-実際にINTILAQを利用してみての感想をおしえてください。
「実際に使ってみて、なお好きになりました。カタールルームが空いていればいいな、といつも予約システムを見ている次第です。ただエレベーターが無いのだけが残念です…。とはいえ、コロナ禍である今、施設の消毒や換気をはじめとした感染症対策がバッチリなので安心して事業に集中できます。」

―最後に皆様から一言お願いします。
かさいさん「女性にもっと元気になって欲しい、もっとやりたいことを我慢せずに“主婦だから”“ママだから”という制限を超えて、一人の女性として仕事なり自分の好きな道へと選択できるような社会にしていきたいと考えています。」
かとうさん「男性の方にこそリラックスする時間をつくっていただきたい。お昼休みにちょっと10分でも寝れる時間として施術して、そのまま『行ってらっしゃい』と午後の部に行けるような時間を過ごしてもらいたいと考えています。」
 
そんなお二人が運営するheartily様へのご予約やお問い合わせはこちらです。

LINE @747jusrj
Email heartily.je@gmail.com

※アクセスバーズ
脳には、PCのハードディスクのように毎日多くの情報を処理するため負担がかかっています。アクセスバーズとは、頭にある32のポイントをタッチすることで最適化と不要ファイルの削除を行い、脳デトックスとなる施術方法とのことです。

© 2020 INTILAQ