締切

社会起業家の「生き方」を探る 〜社会インパクトにつながる「私」と「仕事」〜 仙台ソーシャルイノベーション・ナイト(デイタイム編)

本年度の仙台ソーシャルイノベーション・ナイトの最終回は、全国から豪華3名の社会起業家の皆さんをお迎えした、昼間開催のセッションです。放課後NPOアフタースクール代表理事の平岩国泰さん、認定NPO法人マドレボニータ代表理事の吉岡マコさん、Dari K株式会社代表取締役社長の吉野慶一さん、それぞれこの1年間で別々の「ナイト」にお越しいただいた3名に、それぞれの人生を振り返っていただきながら、どんな「私」なのか、どんな「生き方」をされてきたのか、これからどこに向かおうとされているのか、各々の素の姿を探っていきます。

実際に自らの組織で、それぞれの分野で、社会インパクトを出している社会起業家個人の「生き方」に触れながら、ご参加いただく皆さんの「私」を見つめる機会にしていただければと思います。

【日時】
2019年3月2日(土)
10:00開場、10:30〜12:45 開催

【スケジュール】
10:00 〜 開場
10:30 〜 はじめに
10:35 〜 パネルディスカッション:社会起業家の「生き方」を探る
<パネリスト>
放課後NPOアフタースクール 代表理事 平岩国泰様
Dari K株式会社 代表取締役社長 吉野慶一様
認定NPO法人マドレボニータ 代表理事 吉岡マコ様
<モデレーター>
一般社団法人IMPACT Foundation Japan 竹川隆司
12:15 〜 名刺交換会
12:45   終了予定

【ゲストスピーカー】

平岩 国泰 様
放課後NPOアフタースクール 代表理事
1974年生まれ。1996年慶應義塾大学経済学部卒業。2004年長女の誕生をきっかけに、“放課後NPOアフタースクール”の活動開始。今までに5万人以上の子どもが参加、グッドデザイン賞4回受賞。2013年より文部科学省中央教育審議会専門委員。2017年より渋谷区教育委員、新渡戸文化学園理事。
https://npoafterschool.org/


吉野 慶一 様
Dari K株式会社 代表取締役社長
18歳からバックパックで約60か国を旅する。慶應義塾大学経済学部、京都大学大学院を経て、オックスフォード大学の大学院で社会政策学を専攻。卒業後、外資系投資銀行や投資ファンドで金融アナリストとして活躍中、偶然訪れた海外のカフェでカカオ豆の産地に興味を持つ。世界の現状を憂いたり、出来ない/やらない理由を声高に叫ぶだけでは自分も世界も何も変わらないと29歳で脱サラ。単身インドネシアのスラウェシ島に渡り、農家とともに高品質なカカオ豆の生産に携わり、2011年にカカオ工房「Dari K(ダリケー)」を設立。2017年、初回となる『SDGsビジネスアワード』にて、大賞を含む5つの企業の1つとして「エンゲージメント賞」受賞など。
http://www.dari-k.com/


吉岡 マコ 様
認定NPO法人マドレボニータ 代表理事
1996年東京大学文学部卒業後、同大学院で運動生理学を学ぶ。1998年自らの出産を機に、産前・産後に特化したヘルスケアプログラムを開発。以来、研究・実践を重ね、2008年NPO法人マドレボニータを設立。指導者の養成・認定制度を整備し、現在27人のインストラクターが全国約60か所で産後ケア教室を展開。『産後白書』の出版など調査・研究にも尽力。2011年マドレ基金をたちあげ、ひとり親、多胎児の母、障害児の母など、社会的に孤立しがちな母親たちへの支援に着手。産後セルフケアインストラクター。
http://www.madrebonita.com/wordpress/?page_id=52

【モデレーター・スピーカー】

竹川隆司

一般社団法人IMPACT Foundation Japan 代表理事
国際基督教大学卒業。野村證券入社。支店営業を経て、2006年ハーバードビジネススクールでMBAを取得。その後はロンドン法人に赴任。2008年に独立し日米で起業を経験。東日本大震災をきっかけに活動拠点を日本へ戻し、2014年に「東北風土マラソン&フェスティバル」を立ち上げ、現在まで5回開催。2015年「グッドデザイン賞」受賞、2016年「スポーツ文化ツーリズムアワード」入選、2017年第5回スポーツ振興賞「大賞」受賞など。2014年より加わったIMPACT Japanでは、INTILAQ東北イノベーションセンターの設立に従事、同センターに2016年に設立した株式会社zero to one代表取締役なども務める。

【会場】
INTILAQ東北イノベーションセンター
(仙台市若林区卸町2-9-1)
会場までの道のりはこちら
https://intilaq.jp/access/

【主催】仙台市/INTILAQ東北イノベーションセンター
【参加費】無料
【定員】50名

【お問合せ】
INTILAQ東北イノベーションセンター
mail: info@intilaq.jp
電話:022-357-0543

開催日 2019年03月02日(土)

申し込み締め切り

03月02日(土)

© 2017 INTILAQ